Share on facebook
Share on twitter

やまびこキャンプ場でソロキャンプをやってみた。

こんにちは。琴海地区地域おこし協力隊のさいとうです。

琴海地区に移住して3ヶ月が経ちました。

山、川、海に囲まれて自然豊かな地にいることで、

釣り、畑仕事など今まで経験したことのないことに新しくチャレンジしています。

その中でも今回はキャンプについて紹介します。

上の写真のように自粛期間中にずっとamazonでキャンプグッズを揃えていました。

いよいよ使う時がきました。

山の上のやまびこキャンプ場

県民の森へと登る道を車で10分ほど登っていくとキャンプやまびこという看板が見えます。そこを左に入り、さらに10mくらい進むと細道が見えるので左に入ります。結構細い道なので運転には気をつけて。

こちらのキャンプ場は車で入れるオートキャンプ場です。車が近くにあるのはキャンプ初心者にとってもハードルが低くて優しいです。

奥の方に車を停めてキャンプスタート。

平日の仕事を終えての夕方からのキャンプだったので、マクドナルドを買ってきました。笑

キャンプ上級者の方に見られると怒られるかもしれませんが、

こういうキャンプを「ゆるキャン」というそうです。

許してください。

キャンプ道具をなんとか使いたかったので、ビッグマックをホットサンドメーカーで挟んで、イワタニのジュニアガスバーナーで焼いてみました。

結論普通に食べたほうが美味しかったです。

こうやって創作意欲を膨らませてくれるのもキャンプの魅力。

そしてここのやまびこキャンプ場の一番の魅力を紹介します。

それがこちらのキャンプ場を管理する武内おばあちゃん

私はこのおばあちゃんに会いたくてキャンプに来てます。

30年前に琴海の地に来たおばあちゃん。

こちらが武内おばあちゃん。

30年前にこの山に一目惚れ。

山を買って、毎日欠かさず、山を切り拓いたそうです。

何よりもすごいのは機械を使わず手でやってきたということ。

花と自然に囲まれて暮らしたかったから、30年前から花を植えたら今は裏山で綺麗に花が咲くようになった。

と嬉しそうに語ってくれます。

今も毎日、山へ散策に行き、草木を剪定しているそうです。

こちらの山の散策をしたい方はおばあちゃんに言うと喜んでしてくれます。おばあちゃんが山にいるときは

「おばあちゃ〜ん」と山へ向かって叫んでみてください。

どこかから声がします。

山散策はトーク力が抜群のおばあちゃんと一緒に行くことを強くオススメします!

楽しませてくれるキャンプ場

こちらには竹馬など遊び道具もあります。

アナログの楽しさを再認識させてくれるキャンプ場です。

こちらは水鉄砲の標的になればとおばあちゃんが自作されたもの。

いいでしょ?

やまびこキャンプ場の設備紹介

トイレは汲み取り式のトイレ。
いわゆるぼっとん便所というものです。

水は生活用水が通っています。

薪もキャンプ料金に含まれています。

大きな焚き火台もあります。

やまびこキャンプ場1泊(車料金を含めて)
1300円(税込)

実際に利用してみて、薪もあるしすごく安いと感じました。

最後に夜空が綺麗です。

山の上のキャンプ場、やまびこキャンプ場での夜は非常に興奮しました。星が空一面に広がっています。

キャンプをはじめてよかったな〜と感じる時間でした。

やまびこキャンプ場ぜひ遊びにきてください。

名称 やまびこキャンプ場
住所 長崎県長崎市琴海村松町2360
TEL

095-884-1807

予約リンク

ホームページ